福岡大学学生サポート募金

 福岡大学では、より多くの学生に対して修学の機会を提供することはもちろんのこと、「学生の海外派遣拡大」、「正課外教育の充実」、「スポーツ活動の強化」を重要な課題とし、全学を挙げて学生支援に取り組んでいます。「福岡大学学生サポート募金」は、学生のためにという視点を最重視し、本学の教育理念の目標である「全人教育」の推進、豊かな学生生活の形成に寄与することを目的として平成23年6月に募金活動を開始しました。本募金には6つの使途(下記の①〜⑥)があり、重要な課題の実現に向けて取り組まれる学内の各種活動に寄付金を活用します。

寄付額
一口当たりの金額は特に定めておりません。
申込方法
パソコン、スマートフォンなどを利用したインターネット募金、専用の払込用紙による申し込みが可能です。
申込方法の詳細についてはこちらをご確認ください。
寄付者顕彰
芳名録作成
寄付者芳名録を作成し、本学広報誌及びホームページで、ご紹介させていただく予定です。
お差し障りがありましたら、お知らせください。
個別顕彰
個人50万円以上、法人・団体100万円以上の高額寄付者の方に、「感謝状」の贈呈等、別途個別顕彰をさせていただきます。

❶ 入学前予約型奨学金
❷ 経済的困窮学生に対する奨学金

 本学では平成28年度から奨学金制度を充実させ、福大生の約17.5%を支援できる環境を整えています。しかしながら、経済的理由により修学の機会を失う学生が後を絶たない状況です。この状況を改善するために寄付金を活用し、奨学金制度を更に拡充します。
本学独自の奨学金制度の募集枠と受給者数

奨学金の拡充にご協力いただける場合は「❶入学前予約型奨学金」「❷経済的困窮学生に対する奨学金」のいずれかの使途を選択してください。
「入学前予約型奨学金」の詳細はこちら

寄付者の声
私自身、父が早くに他界したこともあり奨学金なしでは大学に通えませんでした。ささやかですが、学びたいと思っている学生の一助となれば幸いです。

❸ 国際交流に関する支援

本学では国際化の推進に向けて22か国・地域に所在する78大学、1機関と協定を締結しています。毎年度約500人の海外へ羽ばたく学生を支援するため渡航費相当額を支援しています。しかしながら、海外留学は渡航費以外に年間100万円以上の多額の生活費を必要とし、これにより留学を断念する学生も少なくありません。この状況を改善するために寄付金を活用し、海外留学支援金を更に拡充します。
最近3カ年の海外派遣学生数

海外留学に関するご支援をいただける場合は「❸国際交流に関する支援」の使途を選択してください。
詳細はこちら

寄付者の声
30年前にウオッシュバン大学の海外研修に参加させていただきました。その後の人生を豊かにする機会を与えていただき感謝の念に堪えません。

❹ 学生のスポーツ強化に対する支援

 本学では「1(ワン)パーソン、1(ワン)サークル」を推奨し、体育部会44団体に所属する学生が国際大会で活躍しています。しかしながら、合宿や大会遠征に伴う旅費交通費などの自己負担が大きく、経済的な理由により活動が制限される学生も少なくありません。学生スポーツを強化するために寄付金を活用し、合宿や大会遠征への支援を更に拡充します。
近年の主な実績
種目 大会名 結果
陸上競技 2019日本学生陸上競技個人選手権 女子100m 優勝
IAAF世界リレー2019 横浜大会 女子4×200mリレー 4位
第103回日本陸上競技選手権大会 女子200m 優勝
体操競技 種目別トライアウト(全日本) 優勝
NHK杯 種目別 跳馬 準優勝
全日本種目別選手権 跳馬 優勝
全日本学生選手権 跳馬 優勝
FIGワールドチャレンジカップ・パリ大会 5位
第7回アジア体操競技選手権大会団体 3位
ハンドボール 西日本インカレ 優勝
世界学生選手権 3位

学生のスポーツ強化にご協力いただける場合は、「❹学生のスポーツ強化に対する支援」の使途を選択してください。
詳細はこちら

寄付者の声
母校が東京の有名大学と肩を並べるようになることを期待しています。

❺ 正課外教育及び社会貢献活動に対する支援

 福岡大学は、約2万人の学生が各学部で「建学の精神」と「教育研究の理念」に基づいた「全人教育」、すなわち、専門性を有する教養人(人らしき人)の育成を重視した教育を進めています。
 いただいたご寄付は、現在、正課外教育の取り組みの一つとしての「福大生ステップアッププログラム(FSP)」に活用しています。
● 福大生ステップアッププログラム(FSP)
「学び」「豊かな人間性」「社会」の3つのステップで構成される学生一人ひとりの人間的成長をサポートするプログラムで、平成18年度から実施しています。
1 学びへのステップ

大学で学ぶ上で必要な
基礎的技能の向上

これでわかる「福大生のための学習ナビ」、福大生のための図書館活用プログラム、エンカレッジセミナー≪未来ノート≫でなりたい自分になる!、大学から始める「言葉の力」育成プログラム

2 豊かな人間性へのステップ

志、意欲、独創性、人間性、
倫理観、異文化理解の向上

学生チャレンジプロジェクト、今を生きる教養講演会、七隈で学ぶ環境学、東日本復興夏期セミナー、アジア圏協定校との学生交流セミナー、野外教育キャンプ、福大生が学ぶ博多祇園山笠の伝統と歴史

3 社会へのステップ

職業観、社会常識、
マナーの向上

先輩と語る-大学と社会-

「全人教育」の推進にご支援いただける場合は「❺正課外教育及び社会貢献活動に対する支援」の使途を選択してください。
詳細はこちら

寄付者の声
豊かな人間性へのステップにおけるプログラムとしての「今を生きる教養講演会」は、一般向けにも公開されており、各界で活躍される方の講演を毎回大変興味深く聴講しております。是非今後もこのような活動を続けていただけるよう支援させていただきます。

❻ その他学生の教育、学習及び生活に関する支援の充実を図る事業

 上記5つの使途の他、様々な支援を必要とする学生に対して、充実した学生生活を送るための資金として「❻その他学生の教育、学習及び生活に関する支援の充実を図る事業」の使途があります。

実績紹介

実績情報

2018年度実績

福岡大学学生サポート募金にご支援いただいた結果をご報告いたします。
709件  14,889,188円
【内訳】
・入学前予約型奨学金 56件  610,400円
・経済的困窮学生に対する奨学金 359件 9,234,917円
・国際交流に関する支援 32件 175,400円
・学生のスポーツ強化に対する支援 64件 570,400円
・正課外教育及び社会貢献活動に関する支援 39件 182,400円
・その他学生の教育、学習及び生活に関する支援の充実を図る事業 94件 3,134,000円
・平成30年7月西日本豪雨支援 65件 981,671円
皆様のご支援に心より感謝申し上げます。

実績情報

福大生サポート募金給費奨学金授与式が行われました

 修学の意欲および能力があるにも関わらず、経済的な理由により学生生活に支障をきたすおそれのある学生2名に対し、福大生サポート募金を財源とした「福岡大学学生サポート募金給費奨学金」を支給しました。
 平成30年12月11日(火)、ヘリオス6階ギャラリーにおいて奨学生証の授与式が行われました。

実績情報

福大生ステップアッププログラム第19回「今を生きる教養講演会」が行われました

今回は「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデューサーの詩歩氏を講師にお迎えし、『「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」を探して~オンリーワンを仕事に変える生き方~』と題してご講演いただきました。当日は288人の在学生、教職員および一般市民の方々が来場しました。
 なお、こちらの講演会には福大生サポート募金(ステップアッププログラム)へお寄せいただきましたご寄付を活用させていただいています。

実績情報

平成30年度後期 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた給費奨学生授与式が行われました

 福大生サポート募金(学生スポーツ強化)を財源とした、候補選手の奨励金(奨学金)として「2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた給費奨学金」を3名に支給しました。
 平成30年10月16日(火)、ヘリオス2階地域交流サロンにおいて奨学生証の授与式が行われました。

実績情報

平成30年度前期 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた給費奨学生授与式が行われました

 福大生サポート募金(学生スポーツ強化)を財源とした、候補選手の奨励金(奨学金)として「2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた給費奨学金」を1名に支給しました。
 平成30年7月19日(木)、ヘリオス6階ギャラリーにおいて奨学生証の授与式が行われました。

実績情報

福大生サポート募金給費奨学金授与式が行われました

 修学の意欲および能力があるにも関わらず、経済的な理由により学生生活に支障をきたすおそれのある学生4名に対し、福大生サポート募金を財源とした「福岡大学学生サポート募金給費奨学金」を支給しました。
 平成30年7月5日(木)、ヘリオス6階ギャラリーにおいて奨学生証の授与式が行われました。

寄付する

資料請求